ダルメシアンはアレルギーにも注意する必要があります。

アレルギーについて

ダルメシアンはとても活発です

ダルメシアンがかかりやすい病気といえば、難聴や結石が多いと一般には言われていますが、実はもう1つ、ダルメシアンはアレルギーにもかかりやすい犬種です。

アレルギーにも色々と種類がありますが、ダルメシアンの場合は皮膚に関するもの、食事に関するものが特に多いです。

また皮膚炎もその1つです。ノミやアトピーなど、接触などが原因で起こりますが、痒くなることも多く、始終掻き毟ったりして赤くなると見ていてもとてもかわいそうになってしまいます。

またアトピー性の皮膚炎の場合、主に家中のダニなどが原因でかかることが多いですが、早ければ1歳くらいから出始めます。

食餌によるものは主に顔面が腫れるようなケースも多く、アレルギーが無いものに変えるとほぼほぼ治りますが、これもなかなか対処は難しいという方が多いようです。

まず日常的にざっくばらんに餌をあげたりしないことが大事ですし、しっかり記録を残しておくことも大切です。また甲状腺の機能が低下することで起こる皮膚病もあります。

ダルメシアンには特に多いとも言われ、被毛に光沢が無くなって脱毛も激しく起こります。やはりダルメシアンを室内で飼う場合、アレルギーを引き起こさないかなど環境をしっかりとチェックすることが大事です。

接触でかかる場合はソファーカバーなども疑わしいですし、これじゃないだろう、などと考えているものが意外にも原因だったりします。

皮膚病は見た目がかなり変わってきますから、発症すればすぐ分かりますが、やはりできるだけ早期から管理しておき、小まめに皮膚のチェックをしてあげることが大切です。ダルメシアンは短毛種ですので、皮膚の異常は比較的見つかりやすいとも言えます。

また、ブリーダーさんなどにもしっかりと皮膚の管理方法などのアドバイスを受けておくことが大切です。親犬はどんなタイプだったのか、病歴は何かなど、多角的にチェックしておくことが大事です。