ダルメシアンの無駄吠えのしつけ方はあるものを使うととても有効です。

TOP > 関連ページ > 無駄吠えのしつけ方

ダルメシアンの専門サイト

無駄吠えのしつけ方

まずは下記の動画をご覧下さい。遠藤先生が吠え叫ぶわんちゃんを、
“たったの2秒”でおりこうさんにしています。

ダルメシアンを叱るときのしつけ方について

犬をしつけるというと無駄吠えが困る、という方は多いようです。ダルメシアンでも吠える癖が治らないことがよくありますが、まず犬が吠えることは自然なこと、本能からくることですから、理由をしっかり判断することが大切です。

つまりダルメシアンが吠えるのは自然であり、人間がしつけることではない、とも言えますが、やはり人間社会で生きていく限りはしっかりしつけることが大切です。

ダルメシアンはかなり活発ですから、できるだけ早くからしつけることが大事です。やはり理想は子犬を迎えてからすぐです。

連れて来てすぐの状態では寂しがっているのではないか、ちょっとくらい甘やかしても、と考えがちですが、さびしい思いをしているからといって飼い主さんにも癖がついてしまい、ついその記憶が連鎖してしまうこともよくあります。

具体的にはまず無駄吠えをしても無視することです。あまり度がひどい場合は声を出す、つまり派手に叱ることも大切です。特に夜中に集合住宅で、という状況を考えると、明るいうちにしかっておけばよかった、などとストレスも溜まって根を上げてしまっては大変です。

また吠えるにもそれなりの理由があります。正統な理由で吠えていることも察知してあげることが大事です。例えば散歩の時間になっても室内で飼い主さんが仕事をしているような場合も吠えるケースですが、散歩を催促しているとわかるためには日頃から考えて敏感に反応できるようにすべきです。

ダルメシアンにも人間と同様に体内時計が備わっていますので、特に散歩ですからダルメシアンの運動欲求を考えればごく自然なことです。また飼い主さんの都合もあると思います。

つまり毎日散歩はできても、決まった時間には無理、というケースですが、このような場合は時間をわざとバランスよくずらしてみるのもよい方法です。他には訪問者に吠えて困るという方も多いようです。

このようにダルメシアンの無駄吠えで困っている飼い主さんは多くいます。そのような飼い主さんに当サイトでお薦めしているのが遠藤和博先生のしつけ教材です。

遠藤先生は2006年、2007年にTV東京「TVチャンピオン子犬しつけ王選手権」にて2年連続優勝の経歴も持ち、雑誌やテレビで数多く取り上げられている、日本でも数少ない優秀なドックトレーナーです。

また、上に設置してある動画を見られた方は驚いているかと思いますが、遠藤先生はたったの2秒で無駄吠えを止めさせています。これはある方法を使っているのですが、どの犬でも同じように対応することができます。

もしあなたが、ダルメシアンの無駄吠えで悩んでいるのであれば、今すぐ遠藤先生の教材を実践してみてください。インターホンが鳴っても、来客が来ても一切吠えないダルメシアンにすることができるようになります。