ダルメシアンの留守番方法について詳しく解説しております。

留守番方法

ダルメシアンは人気があります

ダルメシアンは活発な犬種ですから、運動不足には要注意です。多くの飼い主さんは散歩が終わってから留守番させるように工夫しているようです。

運動が終わった状態では疲れもあり、昼寝するタイミングを狙うのもやはり効率が良い方法です。また留守番ではサークルやケージに入れてあげるのが理想です。

ただ押し込めるようにするのはよくありませんが、その中に玩具やおやつをいっしょに入れてあげるなどの工夫も大切です。犬は元来狭いスペースは苦にしませんし、かえって好みの場所とも言えます。

おもちゃとしてはコングがよく知られています。なかなかおやつが出てこない、それでいて遊んでいると出てくるというアイディアモノですが、頭もかなり使いますので集中していると眠くなってくるという効果もあります。

またこれもよく言われることですが、ダルメシアンに対して留守番を強調するようなことは言わないこと、声をかけるとダルメシアンが留守番を意識してしまいます。

声をかけなければ飼い主さんが帰ってくるし、おやつもあるし、という感じで落ち着くのですが、意識させるとやはりどうにもソワソワしてしまって大変です。

人間というのは癖のようなものですから、はじめは慣れない方も多いようですが、ダルメシアンにとってはかなり深刻度が違います。リーダーがそばからいなくなるわけですから、ダルメシアンにとってはやはり一大事です。

また飼い主さんが一緒にいる間も始終ベタベタしているのではなく、仕事をしているのであればサークルに入っていてもらう、おやつを作っているのであればおとなしく待たせる、といったルールを作っておけば、急に寂しがるよなこともなくなります。

普段からしっかりしつけておくこと、1人でいてもおとなしくじっとしているようなダルメシアンにするのがやはり理想です。そうするために当サイトでお薦めしている方法として遠藤和博先生のしつけ教材があります。

遠藤和博先生の教材を実践するようになってから、ダルメシアンがおとなしく留守番できるようになったと喜びの声が多数寄せられています。また、短期間で効果が出るのもこの教材の凄いところです。

もしあなたが、ダルメシアンのしつけで悩んでいるのであれば、今すぐ遠藤先生の教材を実践してみてください。きっと、あなたが今抱えている悩みはこの教材で解決できると思います。