ダルメシアンの噛み癖のしつけ方について詳しくお話ししております。

噛み癖のしつけ方

ダルメシアンは白黒の斑点が特徴的です

犬の癖として多いのが噛み癖です。ダルメシアンももちろん多い癖の1つですが、やはり子犬のうちからしっかりしつけておくことが大切です。

ダルメシアンは活発な犬種ですから、それだけ噛み癖も出やすいと言えます。


ダルメシアンが子犬の時はまだ噛む力も弱くて甘えん坊だな、などと片付けてしまう方も多いようです。しかし成犬になってからは違います。噛む力も倍以上になり、噛まれて怪我をすることも十分に考えられます。

子犬のうちからしっかりしつけるためにはどのようにしてしつければいいかといえば、ダルメシアンにも噛むと痛いことを教えることが一番効果的です。

また噛む行為はダルメシアンにとっては愛情の表現でもありますが、じゃれたりして強く噛むことも多く、このような場合にしっかり痛いことを教えると効果があります。ダメ!としかるように教えるのもいいですが、飼い主さんが痛んでいる表情なども長く付き合っていればわかります。

具体的な方法としては、噛まれても無視するのが有効です。ダルメシアンをじっと見ている、また噛んだ口を離したら今度は褒めてあげるようにしたり、噛んだら突然他の部屋に行ってしまって放置するなども有効です。

また他には親犬がするような行為と似ていますが、子犬の状態で裏返しにし、動けないような状態で低い声でうなるようにすると叱られているのだと悟ります。


犬も乳歯から永久歯へと生え変わりますが、この時期は特にいたずらっぽくなります。また飼い主さんの身体を噛まなくても始終家具などを噛まれるのも大変です。ボロボロになったカーペットなどもよく見られますが、やはり基本はその場でしっかりと叱ることです。

また家具でもカーペットでもしっかり放しておくこと、噛んだらガードや柵などで防御したり、噛み癖が治ったら環境を戻してあげるともっと広いスペースで遊べるんだな、と理解できると思います。

できるだけ早くからしつけるためにはブリーダーさんやペットショップにも相談するのも良いですが、当サイトでは遠藤和博先生のしつけ教材をお薦めしております。

遠藤先生は2006年、2007年にTV東京「TVチャンピオン子犬しつけ王選手権」にて2年連続優勝の経歴も持ち、雑誌やテレビで数多く取り上げられている、日本でも数少ない優秀なドックトレーナーです。

また、あなたと同じようにダルメシアンのしつけで困っていた延べ10000人以上の飼い主さん達が、遠藤先生のやり方を実践したところ、短期間でとてもいい子なワンちゃんにすることに成功しています。

ですので遠藤先生のしつけ教材を実践すれば、あなたのダルメシアンもとてもいい子なワンちゃんにすることができると思いますので、今すぐ詳細を下記よりチェックしてみてください。