ダルメシアンのトイレのしつけ方にはあるコツが必要です。

トイレのしつけ方

犬のしつけといえばトイレはできるだけ早くからしたい、と考える方は多いようです。

特にニオイに敏感な方は体臭もいやがりますが、ダルメシアンは体臭が少ないほうですので好まれやすいタイプです。

しかし活発な犬種ですので、トイレもしっかりしつけないとどこにでも用を足してしまうようになってしまいます。

室内でダルメシアンを飼っている場合、あちこちに排泄されてしまう可能性は大です。まず子犬の時期からしっかりしつけることが大事ですが、場所をしっかり覚えさせること、つまりトイレは常に同じ場所に設置しておくことが大事です。

ダルメシアンが決まった場所に排泄してくれれば飼い主さんも片付けやすくて助かります。またトイレを設置する場所としてはサークルの中が一般的です。

決まった場所としてダルメシアンも見分けやすく、またサークル内でもしっかりシートなどを置く場所を決めておき、寝床も設置することがほとんどですから、見てすぐにわかるように設置することもポイントです。

またダルメシアンは中型犬以上のサイズになりますから、屋外に設置する方も多いようです。屋外の場合はトイレだとわかるように覚えさせるのは大変かもしれませんが、成犬になってからはある意味便利な場所です。

砂を設置したり、分かりやすくする工夫もたくさん考えられます。室内以外では散歩中にすることもよくありますが、散歩でさせるかどうかは飼い主さんのポリシー次第です。

散歩中にさせるとあまり見栄えがよくないという状況もあると思いますし、散歩でだけ排泄をするとは限りませんから、できれば室内でするようにしつけるのがベストです。

また散歩中に電柱などでしたくなる場合もありますが、散歩コースをしっかり考えたり、あまり無理をさせると健康にも悪いことから、自然な場合は仕方ないと判断するようにしておいた方が良いでしょう。

トイレのしつけは室内のニオイが気になるから、というよりまず育てる上で基本中の基本ですので、ダルメシアンを家に連れてきたら必ず始めに覚えさせるようにしてください。

もしあなたが、ダルメシアンのしつけで困っているのであれば、当サイトでは遠藤和博先生のしつけ教材を実践することをお薦めしています。

遠藤先生は2006年、2007年にTV東京「TVチャンピオン子犬しつけ王選手権」にて2年連続優勝の経歴も持ち、雑誌やテレビで数多く取り上げられている、日本でも数少ない優秀なドックトレーナーです。

また、あなたと同じようにダルメシアンのしつけで困っていた延べ10000人以上の飼い主さん達が、遠藤先生のやり方を実践したところ、短期間でとてもいい子なワンちゃんに教育することに成功しています。

きっと、遠藤先生のしつけ教材を実践すれば、あなたのダルメシアンも短期間でとてもいい子なワンちゃんに生まれ変わらせることができると思いますので、ダルメシアンのしつけで困っている方は、今すぐ下記より教材をチェックしてみてください。