ダルメシアンの散歩の仕方はこの方法が最適です。

散歩の仕方

ダルメシアンは運動不足には要注意です。つまりそれだけ活動的、アクティブな犬種です。

色々な例えがありますが、ダルメシアンの運動能力は人間の何倍か計り知れないほど、とも言われています。そこでやはり大切なのが散歩です。


しっかりスケジュールを決めて、必要な分だけ外に連れだすことが大切です。ダルメシアンを飼う場合、まず散歩は大事、とよくペットショップやブリーダーの方、専門家なども話します。

では散歩は他の犬種と同じような感じでいいのでしょうか。つまり道を並行して散歩するだけかというと、長い距離を歩けばそれだけストレスも軽減されますし、室内でも運動はしますから習慣的にある程度は整えることが可能ですが、思う存分走れるような時間を作ってあげることがもっとも理想的です。

ドッグランはもちろん、公園の芝生など怪我をしないような場所を選んでしっかり運動させることができればいいのですが、時間が決められていたり、場所的に都市部などでは難しいケースがあります。

また、安全面を考えてリードを離して遊ばせることは禁止されているような場所も多くなっていますので、まずダルメシアンを飼う場合は散歩をどれだけさせてあげられるかがポイントです。

もちろん散歩の基本は歩くことですから、ダルメシアンをしっかり自分の左側に位置させて同じスピードで歩くことも基本です。

またリードは右手で持つことや、手に巻かないで親指に通すこと、こうすることによって引きやすく、つまりコントロールしやすいようにするための基本です。しつけするためのコントロールですからとても大事です。

ダルメシアンはとても活発ですし、好きな方向に突然ダッシュすることもありますが、しっかり抑えて逆の方向にリードしたり、はじめは繰り返すことになるケースですが、飼い主さんも辛抱強くがしつけの基本です。

もしあなたが、愛犬のダルメシアンがなかなか言うことを聞いてくれないと悩んでいるのであれば、まずは一度、遠藤和博先生のしつけ教材を実践してみてください。

遠藤先生は2006年、2007年にTV東京「TVチャンピオン子犬しつけ王選手権」にて2年連続優勝の経歴も持ち、雑誌やテレビで数多く取り上げられている、日本でも数少ない優秀なドックトレーナーです。

またあなたと同じように、ダルメシアンのしつけで悩んでいた延べ10000人の飼い主さん達が、遠藤先生の教材を実践したところ、短期間で何でも素直に言うことを聞くダルメシアンに生まれ変わらせることに成功しています。

きっと、遠藤先生の教材があなたのダルメシアンもとてもいい子なワンちゃんにするきっかけになると思いますので、愛犬がなかなか言うことを聞いてくれないと悩んでいるのであれば、今すぐ詳細を下記よりチェックすることをお薦め致します。